バックルねた3

バックルねた、続いて第3回。
(電源を入れてから数分だけならパソコンが動くので、だましだまし更新します。)



(※なんでこんなネタを?という方はこちらをどうぞ。)
今日のバックル(写真上)にも、 『PATENT1855』 と刻印がされています。サイズは大型の横幅44mm。素材は鉄にニッケルめっき。弦状の花のような(?)模様がついてたりします(写真右上)。

連日なにげに1855年なんて書いてますけど、これって江戸時代です(笑)。安政二年。ちょんまげの時代の話ですか・・・。当のアメリカでさえ、カリフォルニアやテキサスがアメリカの領土に加わってまだ数年しか経っていないような古(いにしえ)の話。

さてさて、今日はこうしたバックルの応用例のお話をば。当然ながら、応用例の特許をみていると、バックルが絵に描かれているものがちらほら。バックルがメインの内容ではなく、特許の解説図で見られるという程度のものですけど・・・。
まず、衣類に直接つけられている例はこれが一番古そうです(下図)。

 ←1874年のコルセットの特許

ワークウェアなんかだったらわんさかありそうなのに意外に少なくて、例えば絵で描かれているのはこれが最初かなぁ(下図)。

 ←1875年のジーパン(?)の特許

←1879年のジーパン(?)の特許

時代は進んで、1890年ごろになると下のようなバックベルト形状が流行だったのでしょうか。いずれにせよ、ベルト自体がもぎ取れないようにするための苦労の跡が見られます(下図)。

 ←1890年のジーパン(?)の特許

まだまだ例はありますが、パソコンが不安なのでこの辺で・・・。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM