AAF服の重さ・コスト等(13)

あぁぁぁ、なんでこんな時に日本は連休なんだよぉ・・・。マジで戦争なんかが起きないといいですねぇ。もう過去の歴史から人類は十分に学んでいると思うのですが・・・。

さ〜て、ノー天気シリーズ最後のF-3電熱スーツのお話。

※今日もまたまたオマケの動画あり♪
<<< F-3電熱服  >>>
・F-3 JACKET
・F-3 TROUSERS
・B-10 JACKET
・A-9 TROUSERS
・AN16 HELMET (AN-H-16の誤記)
・F-2 GLOVE
・F-2 BOOT
・O.D's
最低気温:-51℃
総重量:8.7kg

【F-3 JACKET】
コスト:$25.00
重量:0.9kg

【F-3 TROUSERS】
コスト:$35.00
重量:1.4kg

F-3スーツは電熱ライニングって感じのアレです。よく新品で残ってますよね。上にはB-10ジャケットとA-9パンツを着るのがこの時期の標準的な着方だったようです。その着方で、使用最低気温はなんと-51℃。南極の最低気温よりもさらに低いです。

当然ながら、保温性の指数はこのセットが一番高くなっています。これにさらにB-11なんかを上に着たらどうなるんでしょうかねぇ...。

このF-3を開発するときの資料ってやたらいっぱい残ってて、ホンキの電熱服だったってことでしょうか。製造したのはWW2の後半だけでしょうけど、1950年代になってもストックを支給していたみたいだし、完成度の高い決定版だったのでしょうね。

*********

というわけで、コストと重さの話いかがでしょうか。当資料のネタはここまでにしておきます。まだまだいろんなものが載っているのですが、まぁ、この辺で。(書いたのは2007年8月でした。)


■オマケ■
Youtubeで拾ってきた映画The Hunters (1958)です。アップしたのは私じゃないけど、著作権は大丈夫なんでしょうかね?大丈夫なワケないので^^、すぐに消されちゃうかもしれません。この映画に登場するB-15BやB-15Cのエリなしは映画用の衣装なんじゃないかなぁと思います。時期的におかしいもん・・・。課題は残ったままなんだよなぁ〜。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM